口周りのくすみを解消するには、パックよりも洗顔料を!

口周りのくすみを解消するには、パックよりも洗顔料を!

口の周りがうっすらと黒ずんでいて、ケアしてもなかなか変わらない場合。スキンケアよりもまずは、洗顔料を見直すことが大事です。

 

頬周りの色と比べて、明らかに口の周りが円を描くように「くすみ」がある方は多いもの。メイクでカバーしようとしても、塗れば塗るほど違和感が出てきて困っていませんか。

 

 

美白化粧品やパックをしても、一向に良くならないのには理由があります。口周りのくすみは「皮脂汚れ」と「角質層が厚くなること」の2つが原因だからです。

 

皮脂などの汚れが顔に付着したまま、放置すると酸化して肌が黒ずみます。また、乾燥や外部からの刺激(こすったり、剃ったり)を受けると角質層が自らの身を守るために「厚く」なります。厚くなると色がくすんで見えるのです。

 

 

美白化粧品はあくまで、紫外線により発生したメラニンを取り除くためのケアなので、くすみとは無縁です。塗ると多少白く見えるのは着色しているからに過ぎません。

 

くすみ用のパックというのも売られていますが、酸の力で余計な角質層を溶かして落とすか、うるおいを与えて角質層を薄くするためのものです。ただ、そもそも表面の汚れが落ちていないければ、意味がありません。

 

 

くすみで悩む方の多くは、毎日の洗顔で汚れがしっかり落ちていると思いがち。ですが実際は、汚れが毛穴に残っているので、くすみやすくなっているケースが実に多いんですね。

 

しっかり泡立てたり、洗う時間を長くしても、そもそも洗顔料の「泡」に汚れを落とす吸着力がないと、上っ面の汚れしかとれないんですね。

 

いろいろなケアをする前に、まず見直すべきは「皮脂汚れをしっかり落とす洗顔料」なのかどうかということ。この点をクリアしてはじめて、保湿などのケアが有効になってきます。

 

 

まずは今お使いの洗顔料を、見直してみることをオススメします。汚れは目に見えにくい部分だけに、洗顔料はどれを使ってもよさそうに見えますがモノによって、その洗浄力は格段に違うのです。

 

 

〜参考〜

 

洗顔料選びなら、「くすみ用の洗顔料」を使うのも一つの方法です。汚れを落としつつ、同時にうるおいを与えて便利なものがありますよ。

 

くすみ用の洗顔料↓


えくぼを隠すメイク 口の下にえくぼ ほっぺの上にえくぼ 片方だけえくぼ 笑うと口の横から縦線