頬の下にくぼみができて影になっている

頬の下にくぼみができて影になっている|こけたように見え困る

頬の下あたりに「くぼみ」が出て、こけたように見える・・方へ。

 

 

「あれ、痩せた?」私の顔を見て、友人が一言。
痩せたと言われたらなんとなく嬉しいものだけど、
一体どこを見てそう思ったのか。

 

 

鏡を見てみると、そこには頬がこけて全体的にやつれたような自分の顔が。
…あれ?頬の下にこんなくぼみなんてあったっけ?

 

 

人は歳をとると、肌がたるんで顔の輪郭が変わってきます。
若い時と比べると弾力が減り、全体的に肌が下がり、骨ばってところどころ
影になりやすいそうです。

 

 

頬の下が凹む原因

 

頬の下のくぼみもひとつの例。つまり、たるみが原因です。

 

 

だけど、加齢によるものだけではなく、若い人でもお肌がたるむことはあるそうです。

 

 

原因は紫外線による肌細胞の損傷や、表情筋の衰え。
このまま放っておいたら、どんどん老け顔になってしまうかもしれませんよ。

 

 

先ほどたるみの原因として紫外線を挙げましたが、
紫外線が破壊するのはコラーゲン・ヒアルロン酸などの肌のハリを保つ成分
これらが失われることで、頬は痩せて位置が下がります。

 

 

そして、表情筋。これは、比較的表情が薄い人、普段からあまりしゃべらないなど、
無口・無表情な傾向の人が衰えやすい顔の筋肉です。

 

 

また、病気やストレスなどでいつも沈んだ顔をしていると、
ここが険しく、やつれた表情が定着しやすいと言われています。

 

 

-PR-

 

 

影を目立たなくするには?

 

対策としては、以下のものがあります。

 

・UVケアを怠らないこと。

 

・表情筋を鍛えるエクササイズや、マッサージなどで表情筋を
 "動かしやすくほぐす"ことが効果的です。

 

 

日焼け止めはもちろん、紫外線を防ぐグッズも便利です。
日傘や帽子を活用しましょう。

 

 

マッサージをする時は手の滑りが良くなるように、クリームなどを必ず使うこと。
肌を強く引っ張ったり、摩擦を与えると良くありません。

 

 

表情筋を鍛えるには、口を大きく開けて「アイウエオ」と動かすだけでも
効果が感じられると思います。この時、口角をやや上げてみてください。
エクササイズ後に顔の筋肉が疲れたと感じられたら、効いている証拠ですよ。


えくぼを隠すメイク 口の下にえくぼ ほっぺの上にえくぼ 片方だけえくぼ 笑うと口の横から縦線